シルバニアを飾る

私の持っているシルバニアファミリーを、さまざまなシチュエーションで飾ります。

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカ先生の森の学校②

森の学校のシュチュエーション、昨日の続きです。


シカ先生は上着をぬいで、シャツ姿になりました。
さあ、授業の始まりです。

一時間目は英語の授業。
先生がプリントを配り、黒板に問題を書き始めました。




英語授業
先生 「さて、いまここに3つ英語を書きました。でも、『しかく』になっていて抜けているところがあるね。」

くん 「そこに文字を入れるんでしょ?」



英語授業カード
先生 「はい、そのとおり。うん。それでね、先生はこんなカードを作ってきたよ~。」

くん 「P」

先生 「うん。このカードには、アルファベットがひとつづつ書いてあって、それを選んで問題の『しかく』の部分に貼れるようにしたんだよ。」

ちゃん 「先生、さすが。準備がいいですね!」

先生 「ふふん。」




紙ヒコーキ
そんなとき、一番後ろの席のわたウサギくんは
授業に退屈しているのか、プリントで紙ヒコーキを作って遊んでいます。

ちゃん 「(ひそひそ声で)あ、わたウサギくん、いけないんだ。」


すると次の瞬間



紙ヒコーキシカ先生
ピュン!
先生 「あぁ!」

シカ先生の頭に、紙ヒコーキが当たりました。
わたウサギくんが飛ばしたのです。



シカ先生紙ヒコーキ泣き
先生 「わぁ~。。シマネコちゃん。ひどい、彼は僕の授業を…。せっかくいろいろ準備してきたのに。うっ、うっ…」

ちゃん 「先生…」



そして、先生は、わたウサギくんに前に出てこさせ、問題を解かせることにしました。



わたウサギ黒板
くん 「う~ん、サマー?サマーだよな…。」

先生 「なに、解けないのかぁ。これからはちゃんと真面目に授業を受けてね」

くん 「はい。ごめんなさい。」




わたウサギ机
授業が終わり、わたウサギくんの席に男の子たちが集まってきました。

くん 「もう、ビックリしたよ。でもちょっと面白かった。」

くん 「おまえやるな。」

くん 「だろっ??」




英語授業後
シカ先生は、気を取り直して教卓の上のものを片づけました。


シマネコちゃんとキツネちゃんが、教室を出ようとしています。

ちゃん 「わたし給食当番だから、給食とりに行かなくっちゃ。」

ちゃん 「わたしも行く~。今日のメニューはなんだろう♪」






シカ先生は授業を盛り上げようと、いろいろ用意をしているのですが、
いたずらされると、どうもうまくいかなくなってしまうようですね。


さて次は、みんなの大好きな給食の時間です。

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

きいろい鯛

Author:きいろい鯛
FC2ブログへようこそ!

シルバニア発売当時に生まれ、
小さい頃に出会って以来、買って遊んで飾って…と興味は尽きません。
他に、ミニチュア・工作・手芸も好きなのでシルバニアに取り入れています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

シルバニアファミリー同盟

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。